姑からの電話はうざく感じる

姑から頻繁に電話がかかってきてうざい。減らす方法は? 

スポンサーリンク

専業主婦で家にいると姑からの電話が
頻繁にかかってきてうざい。

 

という声をママ友から聞きます。

 

姑からの電話は、たいていが大した用事ではなく、
世間話、息子の自慢話、嫁への嫌味、何度も
聞かされた話などで、暇つぶしにかけてくるケースが
多いようです。

 

今回は、そんな姑からのうざい電話を減らす方法に
ついてご紹介します。

 

実際に悩んでいるママ友から聞いた方法なので、よかったら使ってみて
ください。

 

 

自分から定期的に電話するようにする

 

電話をしたくないからといっていつもかかってくるのを
待っていると、姑は自分がかけなければ嫁と
電話できないと考えます。

 

そのため、姑は自分のタイミングで好きな時に
電話してきます。

 

ですので、あえて自分から定期的に電話をかけて、
最後に「また明後日電話しますね」など言って、
姑に電話することを待たせるようにします。

 

そうすることで、頻繁にあった電話の回数を
減らすことができそうです。

 

また、自分の手が空いているタイミングでかけることが
できるので、少しストレスも軽減されるようです。

 

スポンサーリンク

 

姑へ旦那からも電話させる

 

姑はさみしいことを理由に電話をかけてくるケース
が多いようです。

 

ですので、旦那からも姑へ電話させることで、
さみしくないようにします。

 

また、たまに会いに行ってさみしさを軽減させることで、
電話がかかってくる回数を減らせるかもしれません。

 

 

電話に出ないで姑に空気を読んでもらう

 

かかってくる電話にすべて出ていると、嫁も暇で電話するのを
楽しみにしていると勘違いする姑もいるようです。

 

そこで電話に出る回数を減らして、自分は忙しい、
電話をうざいと思っていることを汲み取ってもらいましょう。

 

全く電話に出ないのも気まずいので、5回に1回は
出るなど決めておくといいかもしれません。

 

 

姑にカルチャーセンターなど紹介して忙しくさせる

 

姑にカルチャーセンターを紹介して趣味を
作らせることで、忙しくさせられる結果、
電話の回数が減るかもしれません。

 

もしくは、話し相手がカルチャーセンターで見つかる
かもしれません。

 

ただ、話し相手が見つからなかった場合、カルチャーセンター
での出来事を聞いてほしくて電話の回数が増え
逆効果になったケースもあるようです。

 

姑の電話をうざく感じる嫁のまとめ

 

姑からの電話を減らすには、自分から電話をかけるようにして
電話を待たせるか、お互い忙しくする、姑に話し相手を
作る方法が効果的なようです。

 

一番は電話に出ないことでこちらの気持ちを汲み取って
もらえることですが、遠慮なしに頻繁に電話をかけてくるような
姑に空気を読んでもらうことは、あまり期待できないかも
しれません。

 

電話の回数を減らして、気持ちよく過ごせるように
頑張ってみて下さい。

スポンサーリンク