離婚に原因は姑、小姑のどちらなのか?

離婚の原因になってしまう姑、小姑はどんな人!?

スポンサーリンク

結婚すると嫁の立場になり、自分が姑や小姑に
悩まされることばかりを考えてしまうかもしれませんが、
もし兄弟がいれば小姑になる可能性はありますよね。

 

また息子がいて結婚すれば、いずれは姑にもなります。

 

自分が将来そのような立場になった時には、嫁を
悩ませないようにしたいものです。

 

今回は、そんな離婚の原因になってしまうような姑、
小姑の特徴についてご紹介します。

 

自分がそうならないように参考にして頂ければと思います。

 

 

姑編

 

1嫁を干渉しすぎる

 

普段の行動、ご飯の作り方、掃除の仕方、
子育ての仕方などなど、とにかく嫁のすることには
何でも干渉し、口出しをします。

 

褒めることは稀で、嫌みや注意ばかりしてくるので、とにかく
うっとうしいです。

 

 

・自分の考えを押し付ける
「私の時代はこうだった」と、とにかく自分のやり方を押し付けて
きます。

 

また家族で相談や話し合いをしても、自分の考え
以外はどうかしていると言わんばかりの勢いで、
特に嫁の考えは否定します。

 

 

横柄で嫁に感謝しない
同居しているケースで多いですが、嫁がしてくれたことを
当たり前のように思い、感謝をしません。

 

嫁がいつもしていることをしなければ、サボっていると
指摘してきたり、なぜしていないのか?と責めてきます。

 

 

・不快な発言を連発する
嫁の人間性を否定したり、侮辱したり、
体型のことを言ったり、嫌な気持ちになる
ことをよく発言します。

 

悪気がないケースもありますが、よけいにタチが悪いです。

スポンサーリンク

 

 

●小姑編

 

・頻繁に実家に帰ってきて大きな顔をする

 

旦那の実家に同居をしているケースですが、
嫁がいるにも関わらずまだ自分の家の感覚で
頻繁に帰ってきます。

 

物の配置が変わっていれば、前はこうだったといちいち
うるさく、飲み物や食べ物を嫁に出させて、
自由に飲食します。

 

 

・嫁をよそ者扱いする
姑や旦那、そして自分が家族であり、嫁は居候のような
存在として扱います。

 

旅行のお土産は嫁の嫌いなものを買ってきたり、
嫁には分からない話で家族と盛り上がろうとします。

 

基本、頼みごとをするとき以外は、嫁を無視します。

 

 

・常に姑と一緒にいて姑の味方をする

 

姑が嫁の悪口などを言うと、必ず便乗します。
自分ひとりで嫁に面と向かって何か言うわけではなく、
いつも姑の後ろを付いて回って、嫁への攻撃はいつでも
参戦します。

 

 

・親の介護を押し付けてくる
特に同居しているケースで、まだ介護が必要ない今から、
将来親の面倒を見るよう押し付けてきます。

 

小姑も近くに住んでいて面倒を見れるにも関わらず、
同居しているのだからという理由だけで、
全て嫁に任せようとします。

 

 

・嫁と自分を比較し、勝っていることは自慢してくる
自分のこと以外にも、夫の職業、子供の成績など、嫁と比較して
自分が勝っていることばかりを話題に上げ、自慢してきます。

 

 

 

姑・小姑が原因で起こる離婚の危機まとめ

今姑、小姑に嫌な思いをさせられていることがあれば、
自分がお嫁さんを迎えたとき同じことをしてしまわないように
気をつけましょう。

 

離婚の原因を作るような姑、小姑は反面教師にして、
将来お嫁さんとうまくやれるといいですね。

スポンサーリンク