姑は男の子の孫を贔屓するのか?

姑が孫は男の子がいいとうるさい。なぜ!?

スポンサーリンク

0歳児の子供を持つママ友の集まりで、
姑が望む孫の性別が話題にあがったことがあります。

 

そのとき大多数のママ友が、姑は男の子がほしいと
言っていた!と言います。

 

幸い男の子を生んでいれば気にならないですが、
女の子を生んでそのようなことを言われると、
気持ちがいいものではないですよね。

 

なぜ姑は孫に男の子を欲しがるのでしょうか?

 

いくつか考えられる理由をご紹介します。

 

 

姑と男の孫は異性だから

 

母親も娘より息子のほうが可愛く思う。
というのはよく聞く話だと思いますが、祖母と孫の関係でも、
異性のほうが可愛いという傾向があるようです。

 

自分とは違う性を持った子供は未知の生き物で、
同性の子より興味がわくという説もあるようです。

 

 

男の孫は女の子より素直

 

女の子は男の子より精神面でも成長が早く、
「おませさん」と言われる子が多いですよね。

 

また言葉が出るのも男の子より早く、口が達者な分、
イラッとさせられることも男の子より多いようです。

 

その点男の子は、無邪気で素直で、悪気がないところが
可愛いと感じられるようです。

スポンサーリンク

 

跡継ぎに男の子が必要な時代で過ごしたから

 

姑のお嫁さん時代では、まだ後継ぎに男の子が
必要と言われる家が多かったみたいです。

 

姑の姑や旦那に、男の子を生んだら褒められるけど、
女の子を生んだら喜んでもらえなかったといった経験が、
無意識に孫には男の子と思わせているのかもしれません。

 

 

 

女の子は孫は嫁にいってしまう

 

男の子でも将来婿に行ってしまう可能性はあると思いますが、
たいていお嫁さんに来てもらうケースがほとんどですよね。

 

自分の苗字を受け継いでいく男の子のほうが愛情
をかけられると考える人もいます。

 

 

 

姑は男の孫をいるとうるさいのかのまとめ

 

子供は男の子がいい、女の子がいいという希望があるように、
孫にも性別の希望があってもいいと思います。

 

なので、出産前に男の子がほしいと言う分には、
男の子を欲しがる理由をなるべく理解してあげて
許せるといいですね。

 

ただ、生まれてきてから希望の性別でないからといって
残念がるようなことを口に出したり、愛情をかけないと
いうことをしてはいけないです。

 

女の子が生まれてからも男の子がよかったと残念がる
態度を取るようであれば、子供を傷つけないために対処を考えましょう。

スポンサーリンク