きらいな姑と孫の関係がめんどくさい

姑がめんどくさい!孫にまつわるエピソード

スポンサーリンク

 

小言が多い、過干渉。姑を面倒くさいと感じることは
多々あると思います。

 

料理や掃除に関することにはもちろん、孫のことにまで
口うるさい姑は少なくないようです。

 

今回は、私の周りであった孫にまつわる姑のめんどくさい
エピソードをご紹介します。

 

 

1.妊娠中に私生活を監視する

 

無事に孫が生まれてくるように私の面倒を見るといって、
妊娠期間中に私の家に居座って
私生活を監視してきます。

 

つわりでポテトチップスが無性に食べたくなって
コンビニへ買いに行って帰って来たら、取り上げられて
「そんなもの食べて太ったらどうするの!」と注意を受けました。

 

妊娠中期からは毎日のように体重チェックをされ、
少し増えが大きいと、青汁だけ飲みなさいと
言われたこともありました。

 

体がしんどくてゴロゴロしていると、適度な運動が
必要と言われて、無理やり散歩に行かされたり、
雑巾がけをさせられることもありました。

 

いつも二言目には「孫に何かあったらどうしてくれるの!?」と
うるさく、気が休まる時がほとんどなかったです。

 

 

2.名前の候補を勝手に作ってくる

 

名づけを頼んでもいないのに、勝手に男、女それぞれの
名前の候補を紙に書いて渡されました。

 

自分たちでつけたい名前があるというと、自分の考えたもの
よりいい名前はないと思うと言って、
候補の中から選ばそうとします。

 

私のつけたい名前を聞かれて答えると、
そんなんでいいの?とケチをつけてきます。

 

意地でも姑の候補からは名前を選びませんでした。

スポンサーリンク

 

3.産後の入院期間中、毎日孫を見に来る

 

出産当日、保育器の孫の顔を見に姑が
やって来ました。

 

翌日からは子供と母親が同室になるのですが、
姑はそれでも毎日孫の顔を見に来ました。

 

私が出産の疲労と睡眠不足の中、慣れない授乳、
オムツ替えなどで疲れ果てていることはお構いなしです。

 

貴重な睡眠時間を姑に削られて、とてもつらかったです。

 

 

3.毎週のようにおもちゃを持ってくる

 

子供を可愛がってくれるのはありがたいですが、
毎週遊びに来るたびに新しいおもちゃを買ってきます。

 

子供は新しいものに飛びつきますが、
そのうちすぐ飽きます。

 

それを姑は勘違いして、自分の買ってくるおもちゃは
センスが良くて孫が喜んでいると思っていて、
次々と買ってきます。

 

もういらないと言っても、孫が喜ぶのだから遠慮を
するなと言って聞きません。

 

おもちゃを置いておくスペースがだんだん無くなって
きています。捨てるわけにもいかず困っています。

スポンサーリンク

 

 

4.子供を叱ると文句を言ってくる

 

姑の前で子供を怒ると、「お母さん恐いね。可哀そうに。」と
子供を慰めて、私に教育方法に問題が
あるんじゃないかと文句をつけてきます。

 

私もいつも怒っているわけではなく、危ないこと
をしたときに強く怒っているだけなのに、
「何でも恐怖で子供に言うこと聞かせるなんて頭が悪いやり方ね」
と言います。

 

 

孫と姑の関係がめんどくさいのまとめ

 

孫が可愛い気持ちは分かりますが、あくまで
育てるのは親なので、必要以上に干渉したり
口出しをされるのはめんどくさいですよね。

 

子供を可愛がってもらえるのは有難いことですが、
それで嫁を傷つけたり、不快にさせたりしていいと
いうものではないです。

 

辛いときには、旦那に姑の態度を改めてもらえないか
相談しましょう。

スポンサーリンク