姑の過干渉がうざいのでどうしたら良いのか?

姑の過干渉がうざい!対抗する方法は!?

スポンサーリンク

嫁姑問題でよく原因になっているのは、姑の過干渉です。

 

必要以上に嫁を干渉して口を出し、自分のやり方を
押し付けたりする話は、私の周りでもよく聞きます。

 

さらに旦那に相談しても何の解決にもならないので、
自分の身は自分で守らなければ!と考えている方は
少なくありません。

 

今回は、そんな過干渉なうざい姑へ対抗する
方法をご紹介します。

 

 

1.小言は二つ返事で流し続ける

 

過干渉な姑は、育児、家事に口を出しますよね。

 

自分のやり方が唯一正しいもので、嫁のやり方が
少しでも違っていれば指摘してきます。

 

もし、姑の言うことを否定すると、その何倍も
言い返されるのは目に見えています。

 

また、過干渉な姑が干渉しなくなることは、
あまり期待できません。

 

ですので、姑のうざい小言は「はい、はい」と流しましょう。

 

無理に姑のやり方をする必要はなく、自分のやり方を
押し通して、姑には小言をいい飽きるまで
言わせておきます。

 

姑が同じことを言い飽きて諦めるのを待つことで対抗します。

 

スポンサーリンク

 

2.姑に嫌みを言い返す

 

姑の言う小言を否定するのはあまりお勧めではありません。

 

別の観点から言い返すことで対抗します。

 

私のママ友に、姑に言い返すならどう言い返す
か聞いてみました。

 

「最近過干渉な姑って多いみたいですね。」

 

「私を干渉する時間がそんなにあるなんてお暇なんですね。」

 

「旦那がおかあさんに似なくてよかったです。」

 

などなど、どれも姑との仲を悪化させる言葉ばかりですね。

 

しかし、姑と戦うことを決めたのであれば勇気を
持って言い返してみると、少しはすっきりするかもしれません。

 

また、嫁が意外と気が強いことが分かると
、姑が過干渉をやめるかもしれません。

 

 

 

3.姑の弱みを握る

 

人間1つや2つ、弱みはあるものです。

 

姑の弱みを握って対抗しましょう。

 

私のママ友の場合、姑が舅に黙って、舅の貯金に
手を出してパチンコをしているそうです。

 

姑にそのことは黙っておくと言うと、姑からの執拗な
過干渉がなくなったようです。

 

姑の近所の人や友人との立ち話などに耳を傾けると、
思わぬ弱みを握ることに成功するかもしれません。

 

 

姑の過干渉がうざいのまとめ

 

姑に一方的にやらっれ放しでは、身も心も持ちません。

 

旦那もあてに出来ないのであれば、時には姑に
対抗して自分を守ることも必要だと思います。

 

姑の過干渉に我慢できなくなって平和的に解決
できなければ、ご紹介した方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク